お金を節約するなら1円にこだわれ!

1円の価値というのはとても低いです。例えば、何かの支払いをする時に財布から1円玉がこぼれて見つからなくてもそれほど気落ちする人はいないと思います。でもこれが500円玉ならどうでしょうか。やっぱり必死になって探しますね。お金を節約するためには1円にこだわる事がとても大切です。外出した時にいつもならあっさりと飲み物を買ってしまうところを我慢するなど、出費を減らすことを意識しましょう。お金を使う機会が減れば減るほど、お金は自然と貯まるようになります。これを基本としながらも、毎月の各種支払いの内容を見直すことも大事ですね。身近なところだと携帯電話の料金がありますが、今のプランよりも安いプランへ変更することで、大きくお金を節約できるようになります。格安SIMカード比較
また、ローンの支払いがあるなら低金利の会社へ乗り換えることも一つの方法です。一つ一つの支払い方法を再確認していき、出来るだけ毎月の出費を抑えるように努力しておきましょう。このように1円にこだわりながらしっかりと出費を減らしておけば、お金を貯金しやすくなります。また、貯めるという点に関しては投資も一つの方法となってきます。投資にもいろんな方法があるわけですが、最もリスクが小さいのは銀行への貯金です。わずかながら利子が付くので利子率が高い銀行を探してみるのもオススメです。株式や為替など、投資商品を利用する場合はリスクが非常に大きくなります。せっかく1円にこだわりを持って貯金をしても、簡単にその努力が吹っ飛ぶケースがあるので自信がないなら避けておく方が確実にお金を貯められると言えます。お金を節約して貯金をすることはとても簡単です。誰でも今すぐに実践出来る事なので、将来を見据えてお金をしっかりと貯金しておきたいなら上記を参考にして下さい。また、仕事に力を入れて収入を伸ばすことも非常に重要です。仕事量を増やして収入を増やせば貯金のスピードは格段に早くなります。

スロージョギングでダイエット!!

まさか自分が運動でダイエットをする日がやって来るとは夢にも思っていませんでした。

私は自他ともに認める運動音痴。そもそも学生の時以来、運動なんてしたことがありませんでした。
それでも今までは特に問題なく、標準体重で過ごしていたのです。

様子が変わってきたのが40代にはいってからで、食べる量はそんなに変わっていないと思うのに、どんどん自分がふくらんできているような気がする・・・・。
やがて友人や家族から、「なんだかふっくらしたね」と言われはじめ、今では「大丈夫?何キロぐらい太った?」と遠慮なく聞かれる始末です。

これではいけないと思い、ジムに通おうかとも思いましたがそもそも運動嫌い。続くわけがありません。

ダイエットサプリや置き換えのプロテインなども考えましたが、やめたら絶対にリバウンドするのは目に見えていました。

このままの体型で終わるのは嫌だと思い、毎日この私でも続けられそうなダイエットをネットで検索していました。そこで見つけたのが、「スロージョギング」です。

私の中で、「走る」というのが世の中で一番嫌いな運動でした。
苦しくて辛くて、何の面白みもない。そんなことを、たとえダイエットのためとは言え続けられるはずがない・・・。

ですがスロージョギングはちょっと違うようで、本当に誰でも出来るとあります。

実際にスロージョギングでダイエットに成功した人たちの中でも、「走るの大好きで得意です!」という方はあまりいないようでした。

「スロー」なだけあり、歩くよりもゆっくりと、一緒に走っている人と会話をできるくらいのペースで走るとあります。それならできるかもしれない。

早速その日の夜、スロージョギングにでかけました。

どうして夜だったのかと言うと、こんなカラダを誰にも見られたくないからです。
それならもっと前に痩せればいいのにと思っても後の祭りです。自分で増やした分は自分で減らすしかないということで、早速開始。

息がきれない程度にすると、私の場合本当に歩くよりも遅く走っている状態です。
それでも、10分くらい経過してから何だか楽しくなってきました。

この運動嫌いの私がジョギングしていっるなんて!!

結局ゆっくりと自宅周辺を30分走ってその日は終了。次の日も、その次の日も同じように走りました。

1週間後、きつかったパンツの太ももに少し余裕ができたような気がしました。

更に1週間後、きつかったスカートのウエストが、間違いなくゆるくなりました。

体重には変化はなかったけれど、見た目が少し変わったような気がして、また楽しくなって走る距離も増えました。
今では走らないと気持ち悪い程です。

私には食事制限よりも、スロージョギングという運動でダイエットする方が向いていたようです。

効果的な食事のダイエット方法

食べあわせって?

日本の民族は、口内調理という食文化があり、食べたときに口の中で、
味のハーモニーを楽しむ文化があります。例えば、「さんまの塩焼きとご飯」となると、
すだちとお醤油をかけ、熱々のさんまを口にほおばると、無性にご飯が欲しくなりませんか?
鼻から抜けるすだちの香りと、ほっこりとしたご飯の味と、さんまの香ばしさが、想像できますよね♪
外国の文化には、口内調理というものは無く、一品ずつ、順番に食べていくそうです。
しかし、食べ合わせというのは、こういう口内調理の摩訶不思議ではなく、
身体において、喉から下に食べ物が入ったときに、身体にとって、良いか良くないかという視点です。
例えば、「シラス」といったら、「大根おろし」ですよね。
上から醤油を少したらして、熱々のご飯と一緒に食べるのが美味ですが、
でも、実は、シラスと大根おろしは、身体としては喜ばない組み合わせなのです★
なぜかというと、シラスと大根の成分に注目したときに、
どちらかの成分が、相手の成分の良さを消してしまうということなのです。
この場合は、シラスに含まれるアミノ酸のリジンという栄養成分を、大根自体が消してしまうということです。
しかし、解決策もあります。お酢を加えることで、相性の悪い部分を改善してくれるのです。
ですから、大根おろしとシラスには、お醤油と、少しのお酢をかけて、食べることで、
身体にも美味しい食べ合わせになります。
どうせ食べるなら、食べ合わせのことを知っておくと、2倍おいしい食卓にもなりますし、
ウンチクとして会話に出すとき、食卓も楽しいものになることでしょう♪

コーヒー豆の種類

コーヒー豆にはアラビカ種とロブスタ種があります。
アラビカ種は、気候や土壌の影響を受ける繊細なもので、高地で栽培されます。酸味と香りが強く、栽培されるコーヒーの70%がアラビカ種です。

ロブスタ種は、気候風土の影響が少ない種で、低地でも栽培されます。苦味が強いコーヒーではありませんが、安価なため、インスタントコーヒーや缶コーヒーに使われることが多いです。

ブルーマウンテン(原産地:ジャマイカ)
コーヒーの王様と呼ばれる、最高級の品質のコーヒーです。
卓越した香気をもち、酸味、コク、苦味、円やかさのバランスが見事な逸品です。

コナ(原産地:ハワイ島)
バランスが良く、豊かな酸味と甘い香りがあります。

キリマンジャロ(原産地:タンザニア)
強い酸味と甘い香り、上品な味わいがあります。

モカ(原産地:イエメン)
独特の強い酸味を持ちます。
香り高く、日本人に好まれる味です。

コロンビア(原産地:コロンビア)
甘い香りとまるい酸味、そしてまろやかなコクがあります。

マンデリン(原産地:インドネシア)
スマトラ島でとれるアラビカコーヒー豆。
深いコクと滑らかな苦味、酸味のバランスのいい上品な風味があります。

朝ご飯というような便秘

朝御飯っていうのは便秘については朝御飯を一概に連日採り入れるという意味は便秘とすれば実に実に効果があるというのが一般的です。朝飯と言われるのはお昼前までとしてはだして挑戦してみる食べ物だと聞きます。空腹のからだには夕食のにチームに入る結果、腸が機能してお出かけ、便意を理解されます。そのことが言い得て妙腸のせいで、この状態で生活している取引先ならば便秘と呼ばれますのは関係なしと言って間違いないでしょう。しかし、今どき朝めしを口に入れない方のに多数いるには言われています。モーニングを食さない点は腸けれど働か無い状態で24時間の発をへと誘うことを意味します。そうしたら登場するものまでもが発生しない状態で勤め変わらずゼミナールを周遊する様になって便秘になりやすいものですよね。そして新天地のみならず勉学を通じて便意に陥って我慢するお客ものに急増しています。そうなると便意に気付いてでさえ持ち堪える公算があるって便秘に規定されてしまいいるのです。たかが朝飯を満喫して来なかった一辺倒で・・・と感じるユーザーであろうとも存在すると考えられます為に、朝めしを堪能して水の泡をもちまして便秘を迎える背景を好きなように構成しているんじゃないかもしれない。朝ご飯を十分に毎朝味わって、朝御飯が完了したら、15当たりからというもの30分程したらお手洗いには出掛けて、便意も無くてだとしてもお手洗いに於いては腰を下ろして排便をするライフスタイルに変える手法で便秘理解できずになると思われます。朝ご飯という部分は例外なくしてもらい便秘中止、便秘護衛ともなると気をつけるべきです。

コーヒーの魅力と歴史

生活の中で、一杯の上質なコーヒーほど私たちの五感を楽しませてくれるものはないでしょう。

寝坊した朝の熱いコーヒー。
そこから立ち上る芳醇な香りには体をしゃきっとさせる不思議な力があります。

仕事の合間、そして食事のあと、
または甘いお菓子と一緒にコーヒーを飲むと、
ほっと心が安らぎ、幸せな気分になれます。

コーヒーの香りに満ちたリラックス出来る時間を自宅で楽しんでみませんか?

さて、私たちの生活と切っては切れない関係にあるコーヒーは、もちろん世界で最も多くの国で飲まれおり、石油についで貿易規模が大きく、経済的にも重要視されております。

そんなコーヒーですが、
コーヒーの発見には数多くの伝説があります。
6世紀頃のエチオピアの高原で、山羊飼いが非常に興奮している山羊を見つけました。
調べてみると、灌木の赤い実を食べたらしいのです。
修道僧にこのことを告げると、それでは食べてみようということになり、
口に入れると気分は爽快、活力が漲ってきたそうです。

今のように焙煎した豆から抽出したコーヒーが飲まれるようになったのは13世紀以降です。

イスラム教の信者にコーヒーが知られ、寺院の周りはコーヒーの露天であふれ、人々はお祈りの前にコーヒーを飲むようになったそうです。

そして16世紀には、トルコへ、そしてヨーロッパへとコーヒーが上陸します。

日本に入ってきたのは、江戸時代、長崎の出島です。
しかし、コーヒーが日本の人々に飲まれるようになったのは明治時代になってからです。

最初は味と香りに馴染めなかったのですが、西洋文化を取り入れようという日本人の文明開化の憧れが人々をコーヒーへと向かわせました。
ハイカラ好きの人々が集いコーヒー文化が日本に根付き始めたのは明治の終わり近くになった頃でした。

保証人をお願いする人

先日、友人から相談を受けたことがあります。
離婚を考えているというのです…。
まだ結婚2年目…。
子供も1歳になったばかりだったので、いったいどうしたのかと尋ねてみると、ご主人の人間性に疑問を感じ始めた、というのです。
それは積み重なる嘘だったり、お金の問題だったり、周りの人への接し方だったり、結婚して初めて見えてきたご主人のよくない部分…。
それが浮き彫りになった今、もう一緒に生活したくなくなってしまったといいます。
とはいえ、すぐに離婚というにも色々と問題があり、今はまだ心にとどめている状態だといいます。
私も、慰謝料や親権のことなど、あまり詳しくはないため、弁護士さんへ無料法律相談に行っみたらどうかと提案しました。
彼女は近々行ってみると答えました。
できれば夫婦仲良くこれからも一緒にいるほうが子供にとってもいいのだと思いますが…。
結婚してみて、愛情だけではどうにもならないことがあるということをひしひしと痛感します。
良い方向へ向かってくれることを祈るのみです…。
離婚以外のことでも無料で法律相談にのってくれる弁護士さんはたくさんいるようです。
日本弁護士連合会のサイトにお住まいの近くの弁護士さんが検索できますので、お困りの際は一度チェックしてみてください。

金を払って合格しよう(裏口に非ず)

お金があったら、何でもいいから資格を取りたいと思います。
通信講座でも予備校でもいいから通って、一発合格しちゃいたいですね。

資格なんて自習でも取得できるんだから参考書とか買うだけでお金は必要ないという方もいらっしゃいます。
でも、自習で資格取るのは結構大変で、時間をかけて勉強したにもかかわらず結局試験に通らなかったなんてことにもなりかねません。
そうなると、また1年間勉強しなきゃならなくなり、お金よりも貴重な時間がどんどん失われていくんです。

また、お金をかけずに自習でも取れるっていうけど、自習でもそれなりにお金がかかってくるんですよ。
資格関連のテキストや参考書はどれもこれも高いので、それだけでも結構な出費になってしまいます。
また、お金をかけて買った参考書が良著である保証はなく、また他の参考書を買わなくちゃいけないなんてことにもなりかねません。
なんだかんだで自習するにもお金がかかるんです。

予備校は確かに高額ですが、やはり資格取得のプロ達が作ったテキストでプロの講師が講義をやっているわけだから、かなり効率がいいです。
日々の勉強スケジュールを確保することもできるから、一発合格する可能性が高いのです。
また、予備校ほどお金がかからず、利用しやすいのが通信講座です。
資格の中には通信講座でも十分取得可能なものも多いので、通信講座も有効です。

資格取得のためにお金を使うなんて馬鹿らしいなんていう人もいますが、資格試験で落ちたことのことを考えれば決してそんなことはありません。
むしろ、一発合格を逃すことの方が出費に繋がるんで、お金があるならぜひお金をかけたいところです。

ろうきんのカードローンってどうなのよ?

ろうきんといえば、労働金庫の略ですが、名前だけ知っている人はいても、ろうきんが具体的にどんな機関なのか分かっていない方も多いのではないでしょうか。

ろうきんというは、簡単に説明してしまうと、労働組合や生活協同組合に加入している仲間たち同士がお互いを助け合うことを目的として出資し合った金融機関のことです。

したがって、労働金庫は銀行と同じようにお金を預けたり、借りたりすることができますよ。

ろうきんは、普通の金融機関と比べて、低金利でお金を借りることができますが、審査に時間がかかることと、会員組合員でないと低金利でお金を借りることができなかったり、借り入れ限度額が制限されたりするというデメリットもあります。

したがって、急ぎでお金を借りたい、できるだけ確実に審査に通りたいという人は、消費者金融のカードローンを利用することがお勧めです。

消費者金融の場合、ろうきんよりも審査時間が短く、即日融資に対応しているものが多いです。特に、大手消費者金融のプロミス、アコム、モビット、アイフル、ノーローンなどは皆即日融資に対応していますので、お金を当日中に借りる必要があるという人は消費者金融に頼った方が良いでしょう。

ろうきんも良いですが、借り入れ目的に応じてカードローンを申込む金融機関を変えた方が、本当に意味があるお金の使い方ができるのではないでしょうか。

金融商品の豆知識をもっと知りたい人は、こちら↑のサイトがおすすめです。お得な消費者金融の金融商品について分かりやすく説明してくれていますよ。

金は体力なり

よく資金体力なんて言葉を使いますが、まさにその通りだと思います。
お金があればハッキリ言ってなんでもすることが出来ますし、信用を勝ち取ることも出来ます。

逆に言えばお金が無い人がいくらアイデアを出そうとも、それを自分自身で具現化するにはそれなりの苦労が必要ですし、人の手を借りようと思えばよほどのアイデアでない限り助けを得るというのは難しいでしょう。

つまり、お金さえあれば人のアイデアだって得ることも出来ますし、自分のアイデアならすぐに実行に移すことが可能だということです。

何かを始めようとするのに必要なお金というのは、ちょっとアルバイトをしたくらいで貯められるようなお金ではありません。もっと纏まったお金が必要になります。それは100万円単位のお金だったりしますので、ちょっとやそっとでは作れるお金ではありません。

しかし、いつ自分にそのようなチャンスが来るのかは分かりませんので、常にそれに備えておくことが重要と言えると思います。例えば毎月1万円でも、少しずつでも貯めておけば、それがいつか大きな力となるかもしれません。

1万円を貯めている時点では、これがどんな役に立つのか…と思うかもしれませんが、それがどんどん纏まったお金になってくるとどんどん視野も広くなり、出来ることがどんどん増えてきます。

10万円で出来ること、50万円で出来ること、100万円で出来ること…。
もちろんお金をつぎ込めば全て成功する訳ではありません。
失敗することもあると思います。

だからこそお金を遣うことに対してはすごく慎重になると思いますし、そのことに対してすごく勉強すると思います。

お金を貯めるということは様々な相乗効果を生みます。
いつか大きなことを成し遂げる為に、今のうちから少しずつでもお金を貯めておきましょう。